嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

妻に内緒の借金整理になる前に

投稿日:

債務整理に陥りやすいパターン

住宅ローンなどの銀行融資は、収入による制限や担保、保証人が必要など厳しい審査があるのと、何回も融資を受ける必要もないし多重に融資を受けることも厳しく制限されていますので、返済が滞り債務整理に陥るケースはあまりなく、会社の倒産やリストラによるもの程度ではないでしょうか。しかし、カードローンやキャッシングなどの融資による借金は、利用限度額までなら何度でもお金を借りることができるようになっていますので、カードローンやキャッシングを利用できる人なら即日にお金を借りることができるため、ついつい、お金の持ち合わせが無いときや、給料日前などにカードローンやキャッシングによりお金を借りてしまう傾向にあります。しかも、キャッシングがサラ金時代に運営されていた時よりも高額キャッシングができるようになっていますので、自分の返済能力を超えてお金を借りてしまうことになってしまいます。妻に内緒でキャッシングなどで借金をした場合においても、最初は少額だけ借りてすぐにお金を返してしまえば、妻にバレることもないだろうと楽観的に考えていた人も多いのではないでしょうか。しかし、カードローンやキャッシングは、一度その便利さに頼ってしまうと、今回だけならと軽い気持ちでお金を借りて借金を増えしていくことになってしまいます。住宅ローンやマイカーローンなど都度手続きが必要な融資は、利用する度に審査を受けますが、カードローンやキャッシングは一度審査に受かれば、後は自己管理となってしまいます。

 

債務整理のタブー

カードローンやキャッシングを利用するうえでのタブーは、いくらまで借りられるかを重要視する人が多いかと思いますが、いくら高額なキャッシングができたとしても、自分の収入は決まっていますので返済する能力を超えてキャッシングにより、お金を借り続ければいつかは返済することが行き詰ってしまうことになります。また、今自分がどれだけ借金をしているのか確認することを怠る人もいますが、特に妻に内緒で借金をしている人は、利用明細の郵送を拒否しているかと思いますが、知らず知らずのうちに借金を重ねるうちに自分の返済能力をはるかに超えてしまっていることが多く見受けられます。さて、自分の借金の返済が困難となり、壇上の思いで債務整理を決断することになりますが、昔に比べてインターネットの普及により様々な情報が氾濫している世の中となっています。当然、債務整理に関する様々な情報がインターネットを通じて発信されています。恐らく、債務整理の可能性が高い人や現実に債務整理となってしまった人の多くは、インターネットで債務整理について情報を収集する人も多いのではないでしょうか。しかし、インターネット上で発信されている債務整理に関する情報は、弁護士や認定司法書士などの法律の専門家ではなく、元銀行員や消費者金融の社員の人、過去に債務整理の経験がある人、一般の人が受け売りで発信している人など様々な情報が入り乱れていますので、債務整理の知識がない人が、インターネットから発信されている情報のみを鵜呑みにしてしまうと後々後悔する可能性もあります。

 

債務整理による家族への影響

自分は大丈夫と思って利用したカードローンやキャッシングによる借金も、気が付けばカードローンやキャッシングの使い過ぎにより借金が膨れ上がってしまった結果、返済することが困難となってしまうことはよくある話になります。弁護士の無料相談などで相談してみた結果、債務整理の必要があると言われてもすぐには応じられない人も多くあるようです。特に妻に内緒で借金をした人の場合、借金のことがバレてしまうのではないかと恐れてしまうため、債務整理に踏み切れない人も多くあります。妻に内緒でない人においても、家族への影響を心配し、子どもの進学や就職、結婚に響いてしまうのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。結論から言うと、債務整理によって家族への直接の影響はありません。それよりは、借金の延滞による債権者からの取立てが中止されますので、電話や直接自宅訪問での取立てによる、家族への気遣いが無くなりますので、安堵して生活を送れるようになります。債務整理による影響は、基本的に債務者本人のみが受けることになりますが、特定調停や自己破産による債務整理となった場合に、持ち家や自動車などの資産は売却か差し押さえとなってしまいますので、引っ越しすることになってしまいます。また、自己破産の場合は実名で官報に掲載されますので、第三者に自己破産したことが知られてしまうことから、近所や会社などにも自己破産のことが知られる可能性があります。

 

悪質な業者への対処

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを利用した人において、返済が延滞したことがある人の中で、最初にお金を借りるときはお客様扱いで丁寧な対応であったのに、一度でも返済が遅れたことで、返済の催促や督促となると手のひらを返したごとく強い口調で求めてくる経験があるのではないでしょうか。借金の返済の延滞も最初であれば、まだ女性のオペレーターらしき人から口座から引き落とされませんでした程度で連絡が来ますが、何度も返済が遅れてしまっている場合や、延滞が続いている場合などは男性のかなり強い口調で返済の要求をしてくることが多くあります。このことは、強引な取り立てで一時有名となった元サラ金業者の消費者金融だけに限ったことではなく、銀行やスーパー系や信販会社、IT系のカードローン業者においても同じことが言えるのです。多くの金融機関にはノルマが課させられているため、最初の契約の時は丁寧な対応でどうにかカードローンやキャッシングの契約を取り付けたいという思いがありますが、延滞による返済の取立てに至っては、お金を返してもらって初めてノルマが達成できるため、常習的な延滞を繰り返す人には、どうしても強く出てしまう傾向にあるのかもしれません。現在において、こうした借金の取り立てにおいては法律で規制されていますので、行き過ぎた取立てや、公序良俗に反するような取立てがある場合は警察により取締りの対象となってしまいます。

 

 

 

-嫁 妻に内緒の借金苦の相談@黙って返済相談・ばれずに債務整理を

Copyright© 嫁 妻に内緒の借金苦・パチスロやキャッシング・カードローン返済相談・ばれずに債務整理 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.